空を見上げて「バカな・・・早すぎる・・・」ってつぶやいたら


201012160105490000
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:31:05.63 ID:ieEQX22T0


どうなるの?

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:33:29.07 ID:RbvMigho0

「よし……行くぞ」
って後ろから闇の回路を出て来た俺が言う


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:33:44.79 ID:qyZmwrDd0

そして「……来たか」って俺が電柱の上で空見ながら言う

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:34:11.46 ID:qG3OyMcH0

「ドーラ!空から親方が!」

  • 7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:34:00.99 ID:cEVWmXfJ0


    そして俺がГしゃあーねえな、いっちょケリつけにいくか」っていう

    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:35:35.72 ID:ZpSPaTH40

    そんで俺が「貴様に行かせる訳にはいかない!」って襲ってくる

    10: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 2012/04/20(金) 23:36:23.44 ID:Vvke3IeSi

    そしてベテランの俺が「よーぉ、こりゃ俺の仕事だガキはすっこんでろ」ってお前の肩を叩く

    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:36:48.79 ID:3ZA8pmRp0

    俺は何も言わずに先行ってる

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:37:09.61 ID:gAWYj6cKO

    そしてビルの屋上のフェンスに座った自分が「ったく…どいつもこいつも喧嘩っ早いんだから」って言う

    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:37:14.86 ID:NfgV3zA20

    で俺が「フッ・・・だがそう急ぐこともあるまい」って言いながらマンホールから出てくる

    15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:38:02.11 ID:4mwn+D7K0

    俺が暗闇の部屋で微笑を浮かべる

    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:38:52.04 ID:POxlxMmL0

    さらに私が「スタンバイ完了、いつでもいけるよ」と声をかける

    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:39:47.98 ID:izhM2/vY0

    何人出てくるんだよw

    20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:40:18.74 ID:0I6KvWKs0

    それから俺が「ったくあいつら…」って言いながら助けに行く

    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:40:59.54 ID:J3wcARc20

    俺は何も知らずありふれた日常を享受する

    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:41:34.51 ID:9ryA1LX+i

    そこで、遥か異郷の地にいる俺が「あいつら・・・遂に動きだしたか・・・!」って呟く

    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:41:45.38 ID:pWedTv7x0

    一方その頃、俺は止めれるものなら止めてみるがいいと笑っている

    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:42:16.63 ID:09LPI9HB0

    そして俺が「よりによってこのタイミングとは……」って言いながら禁じられた森に入っていく

    27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:42:43.08 ID:uMPEa6cd0

    なんだこのスレwww

    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:43:32.31 ID:8Pq/3Q18O

    それから俺が「パーティーの始まりだ」って言って懐からナイフを取り出す

    30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:43:47.80 ID:4sBnKq+g0

    一方俺は「風が・・・泣いている・・・」とつぶやく

    40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:47:09.72 ID:Kk/nANjs0

    そうしたら俺がたばこを投げ捨ててようやく来たか…って呟いてニヤつく

    41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:47:11.73 ID:ew/H0MH8i

    俺は『はっきり言ってやろうか?これで地球は終わりだ』と言いながらおしっこ漏らしてる

    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:48:32.73 ID:oe8nXOZj0

    その中で一人俯いて座ってたオレがおもむろに立ち上がる

    45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:48:40.92 ID:NvvWSNDw0

    そしたら俺が「あまり突っ込むのはやめてよね。医術も万能じゃないんだから」って微笑む

    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:49:20.41 ID:hG7LD17xi

    そしたら俺は「頃合いか…」って言いながら修行していた山を後にする

    50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:49:39.92 ID:U61w4zbk0

    もちろん俺は「くっそ、間に合うか・・・!?」って言いながら急ぎ足で森を往く

    51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:50:52.78 ID:nm/7thrL0

    俺は【円卓議会】で、「クスクス、これだからオジサンたちは。始まりの鐘は、既になったと言うのに。クスクス」と口走って非難をうける。

    56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:52:24.47 ID:VpbIhBSH0

    俺はその様子をマントをたなびかせながら電柱の上で眺めてる

    57: 忍法帖【Lv=6,xxxP】 2012/04/20(金) 23:52:50.52 ID:3G3vx9ts0

    そして俺は「早すぎるということはない、我々は十年待ったのだ」って言う

    58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:53:06.39 ID:nm/7thrL0

    そんなときにアイツは、ショータイムの幕開けを静かに告げる

    62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:56:06.35 ID:pZKPXQSh0

    俺は「イヤだ…!まだ死にたくない!死にたくない!」って言って逃げ出す

    66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:57:53.79 ID:vX7iU9Jw0

    そこで俺が街の変異にいち早く気付き「俺ももう若くねーからな…」って言う

    69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:58:23.10 ID:+vKA6fiX0

    そして俺はお前らを待ち構えながら「退屈させやがる・・・」と呟く

    70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:58:27.93 ID:47jtCYcRi

    そしたら俺が「あーあもうすぐ5時限目始まるっつーのに・・・まあいっか・・」って頭をポリポリ掻きながら呟く

    71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:00:08.78 ID:TbgG7scF0

    そんで俺が「なんだよ、やる気満々じゃねーか」ってニヤリと笑う

    72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:00:51.80 ID:eNgp7c8C0

    「ったく、損な役回りだぜ…」と走りだした彼の背にそっと呟く

    74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:00:55.08 ID:hs3Q83oj0

    誰でもいいから無言で行動に移せよw

    76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:01:34.30 ID:byRI/w1Pi

    そしたら俺のペンダントが光だして『近いな…』と呟く

    98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:09:21.05 ID:lajcpl+Pi

    そしたら俺が遠くでチンコ丸出しでバンバン叫んでる>>78を完全に無視しながら「・・・だりーなー・・さっさと片付けて寝るか・・」って偃月刀を担いで走っていく


    84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:05:10.74 ID:RxN9mkLF0

    そうしたら俺がタバコに火をつけながら「来やがったか…暇つぶしぐらいになりそうだ」と笑う

    105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:09:57.96 ID:9oUeTQVaO

    >>84
    そしたら俺が「ここは禁煙ですよ、まぁ……それどころではありませんが」
    と呟く


    85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:05:19.32 ID:Odg4tvhF0

    そして俺が「やれやれ、大変なことになりそうだ」と呟きつつ虎の構えをとる

    86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:05:56.73 ID:oSCI8rbz0

    お前らがいれば地球の平和は安全だな

    91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:06:19.30 ID:HyATtwGU0

    >>86
    でも誰もなにもしてないよ


    134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:17:38.28 ID:lxh4IuZQ0

    >>91
    確かに
    ただ呟くだけだもんな


    93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:06:52.34 ID:tw0eoPb+0

    かっこいいけどつぶやいてるだけなんだよな

    108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:11:06.17 ID:G8DQUqAui

    一方俺はその場に座り込み苦しそうに呟く

    「来ちまったか…どうやら俺はここまでのようだな……」


    109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:11:27.35 ID:PQnWHLPIi

    幼馴染の家の花瓶が突然割れ、不吉な予兆を演出する

    111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:11:53.35 ID:22kMOCGv0

    頃合いをみて俺が「…ったく…お前らも好きだよな…」って言ってスレを閉じる

    112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:11:55.39 ID:C4qNlLAu0

    やがて俺が震える声で「なぁ、帰ったら…帰ったらさ、またあの店で一杯やろうぜ」と呟く

    115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:13:09.80 ID:DLot3GGC0

    同時刻木の上から同じ空を見上げる俺がにやりと口角を吊り上げる

    118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:13:12.57 ID:+I4UBaMHO

    そして俺はお前らが帰った時のために最高の飯を用意しておく

    119: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2012/04/21(土) 00:13:36.11 ID:GsvnNYsF0

    「みんな、命さえあればどんな状態でも治してやる、だから死ぬなよ」って白衣の俺が送り出す

    130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:15:58.34 ID:zaWD5hQzO

    そして俺は「今更何も変わらない――全て、無意味だ」と呟く

    131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:16:09.97 ID:y+414ccDO

    その時…
    時空の歪みが発生して
    お前ら1人1人の前に倒さなければならない敵が現れる
    そして…闘いが始まる!


    133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:17:37.29 ID:eBcwzQij0

    しかし俺は「まだその時ではない」と撤退する

    144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:21:48.81 ID:SMJgedzq0



    ━━━━━━━━序章━━━━━━━━



    151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:24:47.28 ID:FYfVny7r0

    掘った分のブロックもストックしたいな

    152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:25:01.23 ID:UFtptzAZ0

    そして私が公園の鉄棒でクルリと逆上がりを決めて「まったくしょうがないわね、出してあげるわ」と制服のチェックのスカートから通信機を取りだす

    154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:25:31.64 ID:oavGJq4l0



    ━━━━━━━━中章━━━━━━━━


    156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:25:53.09 ID:lktuZOiY0

    敵「……(なんか人多い)」

    164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:27:39.09 ID:rlbr0tXh0

    そして俺は古ぼけた本を読み終えて
    「そうだったのか。これが答えか」
    一人で呟く。その後、全てが終わったかのようにその場で膝を着く


    166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:27:57.99 ID:lajcpl+Pi

    そしたら俺が「奴らが来たなう」って写メ付きでmixiにつぶやく

    169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:28:06.20 ID:PiioQLo9O

    そしたら俺が街頭ビジョンに現れて「さあゲームの始まりだ」とおもむろに宣言する


    170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:28:29.09 ID:Frqp5Nmyi

    そして俺が壁にもたれたまま煙草に火をつける

    173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:29:24.61 ID:Kgf28K6R0


    ━━━━━━━━エピローグ━━━━━━━━


    174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:29:38.40 ID:GtrWqBqq0

    ビルの上で「さあ、始めよう。忌まわしきフルートの調べにのせて」

    178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:31:04.11 ID:ODVws++1O

    その時おれは教室の窓を見ながら
    『いくら何でも早すぎる…』
    『すいません!!先生保健室行っていいですか!?』
    と言う


    179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:31:07.98 ID:iXyGaP080

    ようやく俺の出番だな

    182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:31:32.09 ID:lruihQel0

    俺は懐から娘の写真を取り出して呟く
    「今度…二番目の子が生まれるんだ….」


    183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:31:59.60 ID:en0LtFAYi

    古文書の解読に成功し「こ、これは……!早く彼らに教えないと!」と呟いた俺は何者かに後頭部を殴られ気絶する

    185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:33:00.97 ID:Kgf28K6R0

    数年後…

    196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:41:12.70 ID:RrXjsie20

    一方俺は「結局…戦場(ここ)に戻って来ちまったな…」と相棒を担ぎながら戦いへと赴く


    199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:42:44.37 ID:iOSAMcc70

    そんなお前らに俺が「下がっていろお前ら、見ることもまた戦いだ」と言う

    200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:43:24.07 ID:cFJht62P0

    そして遠くから「ティロ・フィナーレ!」と叫ぶ声が聞こえた…

    201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:43:27.34 ID:7LYqIQU/i

    そんで俺が戦ってるお前らに「おい!あんま派手に暴れんじゃねーぞ!!片付けするこっちの身にもなれってーの!!」って言う

    203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:48:14.70 ID:WMIUbV220

    そこであえて「派手に散らかしてこうぜ!!」っていう

    204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:52:28.10 ID:1OXLenrHi

    そしたら俺が「あなた達、よく聞いて。世界の未来はあなた達にかかっているわ」って通信する

    205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:54:48.22 ID:JgfrnJnjO

    そこで俺が「へぇ、俺たち以外にもいたんだ…」ってニヤつく

    212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:58:40.58 ID:2MvCJ0EX0

    「文化祭、間に合いそうにねぇなぁ…」ってため息つく

    218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:06:29.66 ID:eIbhRtFR0

    なんかこのスレわくわくするな

    225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:17:47.14 ID:WCpYFcLfi

    そして俺が雨の中傘も刺さずに「ちくしょう・・・」と呟く

    228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:19:00.18 ID:Qr8HH1180

    すかさず俺が「ティロ・フィナーレ」

    229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:20:07.21 ID:y+414ccDO

    敵の攻撃で傷付いたお前達を回復させる為に俺は暗黒の回復魔法を使い、永遠の苦痛を味わう

    343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 09:23:56.87 ID:2884q2slO

    「間に合わなかったか…」

    呟きながら替えのパンツを準備する


    345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 09:34:00.58 ID:VDPvgQIo0

    >>343
    漏らしてんじゃねーよwwwwwwww


    344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 09:25:41.82 ID:KeHtQ5hVi

    「こんな時に動けないなんて…」と病院のベッドでむせび泣く

    357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 10:17:50.87 ID:Uhcc7FRh0

    俺が路地裏で座って「やっとか・・・・」とつぶやき黒猫が前を横切る

    383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:15:49.56 ID:Dlw5JsTX0

    そして俺は「遅い!遅い!!遅い!!!もっと!もっと速く!音よりも速く、光よりも速く、ニュートリノよりも速く!!」
    と叫ぶ。


    384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:30:13.12 ID:Z95YVUX6O

    そして俺が…何も言わなかった

    389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:39:37.73 ID:uRLuKGHBO

    そして俺は突如読めなかった家宝の巻物が読めるようになる

    391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:43:53.65 ID:uRLuKGHBO

    そして俺の左腕に巻いた包帯に隠されている龍の形をした痣が疼き出す

    403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 13:27:18.24 ID:wYk2Cy1v0

    そこで私が「違う…みんな、本当に大変なことには気がついてない…」ってつぶやく

    405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 13:45:15.35 ID:nEU6HfGT0

    そこで俺は銭湯の煙突の上で腕を組みながら意味深げに街を見下ろす

    414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 14:17:51.25 ID:XlB5cnYr0

    おまえら行動に移せよ



    女DQN「てめっどこ中だよ?」俺「君に夢中」
    天候が荒れまくった空を見上げて「始まったか」とか呟きたい←オススメ
    ダーツの旅の「ウリウリヤイヤイウーラーヤーァアイ」って曲の名前なんなの?←オススメ
    ハゲの人を傷付けずに「あなたハゲてますね」と伝える方法
    夜9時の「あっ、まだイケるな」感は異常wwwww
    【閲覧注意】布団丸洗いした結果wwwwwwwww
    メシが3つのローテーションしかない嫁と大げんかしたら実家に帰られた←オススメ
    ブスな彼女連れてるイケメンってどんな神経してんの?正気?





    引用元: 空を見上げて「バカな・・・早すぎる・・・」ってつぶやいたら

  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    ソニック速報の最新記事をお届けします

    オススメサイト新着記事

    コメント一覧

    1. 名無しのソニックブーム

      壮大に何も始まらない

      Reply
    2. 名無しのソニックブーム

      「ダメだこりゃ」

      Reply
    3. 名無しのソニックブーム

      あー、なついな。
      去年の今頃、このネタの動画が流行ってたっけ

      Reply
    4. 名無しのソニックブーム

      俺は「最高じゃないか……」とネットしながら呟く

      Reply
    5. 名無しのソニックブーム

      二番煎じっていうか、いつのスレだよ

      と、ネット中毒の俺が眠たげにつぶやく

      Reply
    6. ̵̾???Υ??˥å??֡??ࢠ/> <tr class=

      アバンタイトルが長すぎてOP始まったら途中でぶった切れて次週予告が始まっちゃったアニメ見てる気分になった

      Reply
    7. 名無しのソニックブーム

      その頃腐女子の私は>>84と>>105のコンビで萌えている

      Reply
    8. 名無しのソニックブーム

      また繰り返されるのか・・・

      とネット3年目の俺もつぶやく

      Reply
    9. 名無しのソニックブーム

      行動に移さないからこそ延々とバリエーションを変えて演じられるわけか

      Reply
    10. 名無しのソニックブーム

      去年の4月のスレかよ

      Reply
    11. 名無しのソニックブーム

      なっつw

      Reply
    12. 名無しのソニックブーム

      なつかしいなと思ったら去年かよ

      Reply
    13. 名無しのソニックブーム

      これまだ続いてたのかよw

      Reply
    14. 名無しのソニックブーム

      15でわろた

      Reply
    15. 名無しのソニックブーム

      マンホールわろた

      Reply
    16. 名無しのソニックブーム

      人多すぎワロタ

      Reply
    17. 名無しのソニックブーム

      「降って来たか」がないとは嘆かわしい

      Reply
    18. 名無しのソニックブーム

      拡散希望。

      なぜアルカイダは、イスラエルだけは攻撃しないのか – カレイドスコープ
      ://kaleido11.blog111.fc2.com/?no=2066

      内部告発!(元アメリカ国家安全保障局) 『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』
      ://www.youtube.com/watch?v=ZCEmFIMrRVE&feature=youtube_gdata_player

      Reply
    19. 名無しのソニックブーム

      (‘仄’)パイパイ

      Reply
    20. 名無しのソニックブーム

      わろた

      Reply
    21. 名無しのソニックブーム

      背筋が寒くなってきた

      Reply
    22. 名無しのソニックブーム

      そして俺はディスプレイの前でこのスレを見ながら「ワロタ・・・」と呟いた

      Reply
    23. 名無しのソニックブーム

      ふん…まるで「あの時」の再来だな…

      と呟いたけどよくみたらほんとに結構前みたスレだった

      Reply
    24. 名無しのソニックブーム

      呟いてるだけだからみんなニートなんだな

      Reply
    25. colon cleanser

      弟推奨私はこの興味あるかもしれません。右|彼は全く全くでした。この投稿は、本当に私の一日行わ。あなたどれだけ私はこのために費やしていた時間情報 | | 単純に想像望めないではできません!ありがとう!

      Reply
    26. 名無しのソニックブーム

      無駄に人類規模になる

      Reply
    27. 名無しのソニックブーム

      早く戦えよwwwwww

      Reply
    28. 名無しのソニックブーム

      「滅びよ・・・」って書きたかったな

      Reply
    29. 名無しのソニックブーム

      ビルの屋上で煙草をふかしながら懐中時計を見て『ふっ…貴様らの力を見せてもらおうか…』と言うのが俺

      Reply
    30. 名無しのソニックブーム

      そして町で一番高い電柱の上で俺が「今度で最後・・・か。」と呟く

      Reply
    31. 名無しのソニックブーム

      俺は「さてと・・・いっちょやりますかね」といいます

      Reply
    32. 名無しのソニックブーム

      そして俺が「予想では25日から30日・・・これは決定事項だ」と言う

      Reply
    33. 名無しのソニックブーム

      その時俺が「なんで今なんだよ・・・!」と面接途中で呟く

      Reply
    34. 名無しのソニックブーム

      そしたら俺が「生きるか死ぬか、それとも・・・さら空に向かって呟く

      Reply
    35. 名無しのソニックブーム

      そして俺が「…………ふっ」 っと暗闇で静かに笑う

      Reply
    36. 名無しのソニックブーム

      もしも「バカな・・・早すぎる」をオカルト業界で妄想したら
      http://aya-uranai.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-26df.html

      Reply
    37. 名無しのソニックブーム

      俺がやっと行動する

      Reply
    38. 名無しのソニックブーム

      ネトゲやりながら「お前らが生き残ることを信じてるぞ」といいながら血を吐いて倒れる

      Reply
    39. 名無しのソニックブーム

      すると俺は腰の二丁拳銃を手に持って

      「ん、久しぶりの試合だな」

      って呟いてビルの上を次々に飛んでいく

      Reply
    40. ふーりんか

      俺が「定時に帰れると思ったのに残業かよ!」って愚痴をこぼしながらも剣を片手に現場に急行する

      Reply
    41. 名無しのソニックブーム

      そして俺はおしっこをもらす

      Reply
    42. 名無しのFreezing

      そしたら俺が
      「ククク・・・面白いことになりそうだ・・・」
      とかつぶやきながら、空中で高位呪文を唱える

      Reply
    43. 名無しのソニックブーム

      そしたら自分がお前らに向かって
       「俺の邪魔はしないでくださいよね、先輩方」
      って言う

      Reply
    44. 名無しのソニックブーム

      じゃあ僕は相棒である悪魔の肩に乗って
      「契約を、果たす時が来たのですね…。」
      って言いながら家宝の杖(無断持ち出し)片手に召喚の儀式を始める

      Reply
    45. 名無しのソニックブーム

      「間に合わなかったか…」
      って絶望に打ちひしがれながらつぶやく

      Reply
    46. 名無しのソニックブーム

      俺は携帯電話でどっかのメカニックに
      「アレは出せるか…いや、いい…70%…充分だ」
      と言いつつパイロットスーツを着込む

      Reply
    47. 名無しのソニックブーム

      お前ら…いつま続けてるんだよ、
      いつ終わらせるの…?
                 「今でしょ!」

      Reply
    48. 名無しmk-2

      そんで俺が「またお前の力を借りることになるとはのぅ…」と変形マシンを起動する。

      Reply
    49. 名無しのソニックブーム

      俺がどっかの屋上でハーモニカ吹きつつスタッフロールに突入

      Reply
    50. 名無しのソニックブーム

      そして俺が「・・・・・・え?このスレ終わってなかったの?」って中二病が再発する。

      Reply
    51. 名無しのソニックブーム31

      スレ・・・まだ続いとるwww

      それで自分が「お願い。私の願いを叶えて・・・」って、貴方等にあの世からささやく

      Reply
    52. 名無しのソニックブーム

      プロローグばっかで、なかなか本編が始まらない

      Reply
    53. 名無しのソニックブーム

      そして俺は、はるか上空でお前らを見下ろしながら
      「ククク、、楽しませてもらうぜ、、、」とつぶやき刀を抜く

      Reply
    54. 名無しのソニックブーム

      お前らいい加減にしろよ…

      Reply
    55. 名無しのソニックブーム

      そして俺は>>54に「そんなこと言って、あいつらがやめるとでも?それはとんだ見当違いだぜ」と呟く

      Reply
    56. 名無しのソニックブーム

      ぼく「な、なんだあれは!」

      Reply
    57. 名無しのソニックブーム

      そして俺は>>51の声を幻聴し、「任せなよ」と悲しげに笑う

      Reply
    58. 名無しのソニックブーム

      そして俺が「俺はあいつを守るんだ!だから絶対に負けない!」といって大群の前で剣を抜く

      Reply
    59. 名無しのソニックブーム

      そして俺が
      『バカな…まだ終わって無かったのか!?』と沢山の十字架のたった夕日の荒野で冷や汗を流す

      Reply
    60. 名無しのソニックブーム

      そして、異変に気付いた俺が
      「へぇ、興味深いね。・・・・・・行こうかな」って言いながら机の上にある、もう使わないと思っていたアタッシュケースを取る。

      Reply
    61. 名無しのソニックブーム

      そして、俺は「神のご加護を」とみんなにお祈りする

      Reply
    62. 名無しのソニックブーム

      コメント欄なのにまだ続いとるww

      そんなお前らを見た俺が
      「…たく、お前らどうしようもないアホだよ。…俺もだけどなっ!」
      といって剣を抜きながら謎の軍団に突撃する

      Reply
    63. 名無しのソニックブーム

      そして俺が「見えてきたな….おっと敵さんのお迎えだ!お前ら行けるか?」つぶやき
      浮遊式スノーボードに乗り込み出撃する

      Reply
    64. 名無しのソニックブーム

      一方俺は「いつまでこんな事が続くんだ・・・!」と呟きそっと窓を閉じる

      Reply
    65. 名無しのソニックブーム

      そしておれが月の神殿で「コレが神の神器….!」といいその神器の紋章と腕の紋章を合わせ
      その神器を手に取る

      Reply
    66. ライダーらしき男

      俺はいじめっ子共に灸を据えるべく変身し・・・
      「さあ・・・お前達の罪を数えろ!」とか言うんだが、大丈夫か?

      Reply
    67. 名無しのソニックブーム

      謎のメモがある。

      らのにみらしらのなしいとなきち
      こなのいみみみらとんらぬくち
      のにいかいとにもちにもちかち

      ・・・何かの暗号だろうか?

      Reply
    68. 名無しのソニックブーム

      その時俺は「全く無茶しやがるぜ...俺ももう年だってのに...」と呟き201回目の誕生日を迎え、武器を手に取る

      Reply
    69. 名無しのソニックブーム

      「俺達も年を取ったな」といいながら隣の男の煙草に火を付ける

      Reply
    70. 名無しのソニックブー

      そこで俺が「…やっぱり僕も頑張らないといけないよね」と棚から魔道書を取り出し、苦痛に顔を歪ませながら笑う

      Reply
    71. 名無しのソニックブーム

      そんで私は「あはは…莫迦みたい…」って泣き崩れながら笑う

      Reply
    72. 名無しのソニックブーム

      「ゼーダの禍災は繰り返されるのか……」

           
           「こうなったら、アレを…
        

        「だめよ!今のあなたでは耐え切れない、アレは禁術なのよ!!」

      「だが……
        オ  レ  は  
         や  ら  な  き ゃ
           な  ら  な  い  ん  だ  ! ! 」

      Reply
    73. 名無しのソニックブーム

      満月が紅い夜。
      高層ビルの屋上に立つ人影。
      「始まったか」
      東京の夜景を見下ろす。週末の街はたくさんの欲望を孕んで蠢いている。
      「踊れ、馬鹿ども。存在のままに」
      人影はフェンスを飛び越えて、眼下の煌々とした世界へ落ちた。

      Reply
    74. 名無しのソニックブーム

      第一部 完

      Reply
    75. 名無しのソニックブーム

      俺は>>75の声を聴いた様な気がし、
      「永遠(とわ)を生き続けるんだよ。戦いも、何もかも。」
      と言う。

      Reply
    76. 名無しのソニックブーム

      そしたら俺が、
      「あんたもアレ……いや、あいつの声が聞こえんのか?物語のバグか?因果に囚われてないのか?」
      って言って仲間と出てくる。

      Reply
    77. 名無しのソニックブーム

      今日も日本は平和です

      Reply
    78. 名無しのソニックブーム

      そんで冷酷な俺が
      「死ぬ気でいけよ・・・生きる気でいようとすんじゃねえ」
      そしたら隣にいる俺の友人が
      「とりあえず・・・死ねッ!」
      って裏切る

      Reply
    79. 名無しのソニックブーム

      そして俺が
      「まったく…俺に敵と認識させやがって…」
      と言いながら大剣を素振りする

      Reply
    80. 名無しのソニックブーム

      いつまでやってんだよwww

      Reply
    81. 名無しのソニックブーム

      (場面変わって)庭の縁側。うららかなお天気。奥さんにお茶を出された老年の植木屋が空を
      見上げながら、

      植木屋「いいお天気ですねぇ奥さん。そーいや先代が亡くなってもう何年になりまか  ねぇ?」

       奥 「早いものでもう5年になります。」

      植木屋「早い!早すぎる。・・・・・お、奥さん、実ぁ、あっしは昔っから・・・」

      Reply
    82. 名無しのソニックブーム

      そんで私が6歳の不安げな娘を抱きしめながら
      「神様…息子達を…この星をお守りください……。」
      って言いながら旦那の形見の十字架を握りしめる。

      Reply
    83. スタンドは幼馴染

      で、俺は路地裏から出て
      「そろそろ本格的に動く必要がありそうだな・・・」
      って言えばいいのか?

      Reply
    84. 名無しのソニックブーム

      そこで植木屋は、松の木のてっぺんにのぼり、こう呟いた。
      「・・・実ぁ、あっしは昔っから地球防衛軍の副司令官として潜入していたんです。先代は総 司令官でした。ついに動く時が来たようです。」

      奥さん「え? ・・でも植木屋さんが動くつってもそんな高い松の木の上では危ないです!」
          いごかないでえええええええ!」

      Reply
    85. 名無しのソニックブーム

      俺はで髪を銀色に変えて目を紅色と蒼色にして日本刀二本を背中にXで背負い腰に二つのガンブレード下げて「ザッ」と音立てながら異世界で歩き出すよ。

      Reply
    86. 仮面ライダーのような男

      俺は先輩達の戦いをDVDで鑑賞しながら
      「俺も彼等のようにならねば・・・!」と言い、決意を新たにする。

      Reply
    87. 戦隊のブラックと思われる男

      俺はビルの屋上で敵に追い詰められた状態で
      「ふっ……どうやら俺はこれまでらしい。が……だからってタダで死ぬ気はねぇよ!」
      って言いながら専用装備の銃でも構えるとするか……

      Reply
    88. 名無しのソニックブーム

      見えるようで先が見えないな…ボソッ

      Reply
    89. 名無しのソニックブーム

      その時敵側についていた俺は「お、おい...何だよこれ...この作戦は...世界の平和の為のものじゃなかったのかよ...?」と震えた声で呟き、他の仲間にも知らせようと歩き出そうとするが、背後から何者かに刺される

      Reply
    90. 戦隊のブルーと思われる男

      私は「私が死んでも……仲間と、私の意志を継ぐ者がいる限りは……お前達の思い通りにはさせないッ!」
      と言いながら崩れた崖から転落すればよろしいので?

      Reply
    91. 名無しのソニックブーム

      そしたら俺は「なんだ…あれは、本当に人間か?!」
      と言いい10式戦車のハッチを開けて上半身だけをのぞかせながら、お前らを見て驚愕する

      Reply
    92. 名無しの\(。。)どこ行ったんだコンタクト

      そして俺がこのスレの誰かの背後にまわりこむ 

      Reply
    93. 戦隊のグリーンと思われる少年

      それじゃあ僕は「今夜は確実に荒れるね。誰が止めるのかな・・・?」
      って言えばいいのかな?

      Reply
    94. 名無しのソニックブーム

      俺はトンファー流の技でヤンキーたちを倒した後「俺も・・・あいつと合流するか」といって歩き出すよ

      Reply
    95. 名無しのソニックブーム

      なげえwww

      Reply
    96. 名無しのソニックブーム

      これって終わらせちゃだめなの?

      Reply
    97. 通りすがりの戦隊レッド

      俺はビルからビルに飛び移るも直後に身体の限界を感じて
      「俺もそろそろ現役引退か。後継者を探さなければ・・・」と言う。

      Reply
    98. 名無しのソニックブーム

      そしたら俺が「また、始まるのか」って言って窓枠を飛び越えて学校の3階から飛び降りる

      Reply
    99. 名無しのアホ

      そうなれば俺は、「君たち、何の用に来たわけ?ここは、あんたらがいていい場所じゃ無いんだよ!!!」とノコノコやって来た仲間達に叫ぶ

      Reply
    100. 仮面ライダーと呼ばれてそうな男

      そんな100に俺は
      「俺達が罪を償うことさえ許す気はないのかよ? お前、あの事件以来変わっちまったな・・・」と言う。

      Reply
    101. 名無しのソニックブーム

      こいつら、全員なにいってんの
      いや、マジで

      こじらせた痛いやつはみんなこんなに
      なるんか 可哀想すぎて…

      Reply
    102. 名無しのソニックブーム

      楽しそうで何よりですwwwwwwwwwwwwwwwww

      Reply
    103. 名無しのソニックブーム

      そして俺が又に生えたエクスカリバーに魔力をため始める

      Reply
    104. 名無しの幸運天帝(ラック・エンペラー)

      「『恒久(オモテ)』か『滅亡(ウラ)』か…その先は神すらも判るまい…。」と、クールに微笑みながら右手に持ったコインを親指で弾き上げコイントスをする。

      Reply
    105. 名無しのソニックブーム

      ほうお。

      Reply
    106. 名無しのソニックブーム

      それで、路地裏で銃を両手に持って
      「さて、行こうか?アタシ達だけ不参加ってわけにはいけないしね!」
      と一緒にいる人物に笑う

      Reply
    107. 仮面ライダーに見えなくもない男

      そして俺はレーザーソードを持ちながら107に対し
      「ああ!奴等に目に物見せてやろうぜ!」と言い、マスクの目を光らせる。

      Reply
    108. 名無しのソニックブーム

      それじゃあ俺は
      「はぁ…まったく、こういう厄介ごとにどうして俺は巻き込まれやすいんだか……まぁ
      退屈しなくて良いんだけどな!!」
      って言って身の丈以上の大鎌を手に持って敵のいる場所へ駆け出す。

      Reply
    109. 名無しのソニックブーム

      オレは無言でゆっくりと、曇ったガラスに指先を押し付けて割れたハートを描く。

      Reply
    110. 名無しのソニックブーム

      じゃあ私は
      「さて、行きますかサポートよろしくお願いしますね?」
      と言いながらレイピアを手に持つ。

      Reply
    111. 仮面ライダーに違いない男

      私は111に対して黙って頷き、攻防一体の盾を持つとしよう。何せ喋らない役なのでね……

      Reply
    112. 名無しのソニックブーム

      そしたら俺が土砂降りの雨の中傘を持たず全力疾走で
      「クソッ アイツどこ行っちまったんだよ…?」とつぶやく

      Reply
    113. 名無しのソニックブーム

      そしてどちらと言うと敵側の私は
      「悪が悪とはかぎらない…君達がかざしている正義は本当に正義なのかしらね……」
      と光を宿さない目で不気味に笑い、大鎌を構えながら言う。

      Reply
    114. 名無しのソニックブーム

      そして私は高いビルから下を見下ろして114の言葉に対し
      「少なくとも、私から見ればアンタのやってる事が正義だと思わないし
      そんな殺意剥き出しの状態で言っても説得力ないっての」
      と言って紅いコートを翻し114に対し短剣を向ける。

      Reply
    115. 悪のライダーにしか見えない男

      そこでボクは114と115の間に瞬時に割り込んで115の短剣を槍で弾いた直後に
      「人を見かけで判断するなって教わらなかったのかい、子猫ちゃん?」
      って言いながら槍を突きつけようかな?

      Reply
    116. 名無しのソニックブーム

      そして俺が114と115と116の間に入って116の槍に刺される

      Reply
    117. 名無しのソニックブーム

      そして私が
      「なんで・・・?なんで来たの!?」
      と叫び116の槍を破壊し117を抱き止めその場から少し離れ 
      眼に涙を溜めながら117に言う。

      Reply
    118. 悪のライダーにしか見えない116

      そこでボクは「バカだねぇ……割り込んだりしなければ死なずに済んだのに……」
      って言いながら114を連れて逃げるとしますか。覚醒フラグビンビンだもん……

      Reply
    119. 名無しのソニックブーム

      そして私は逃げる114達を追いかけず
      「しっかりして・・!お願い・・・っ!眼を開けて・・ひとりに・・しないでよぉ・・」
      と言って、ただただ泣きながら117の身体を抱きしめる。

      Reply
    120. 仮面ライダーを名乗り始めた男

      今まで陰で見とった俺は117が死んだのを見て
      「涙はこれで拭いとき……」ちゅうて120にハンカチ渡して117に黙祷を捧げるで……

      Reply
    121. 名無しのソニックブーム

      そして私は121からハンカチを受け取り涙を拭き
      「ごめんね・・117、でも・・・必ずこの戦いに勝つから・・・!」
      と言って立ち上がり121と共に114達の後を追う。

      Reply
    122. 仮面ライダーに分類される男

      俺は襲ってくる敵を全員蹴散らしながら
      「今日の俺は・・・最初っからクライマックスだぜ!」って言いながら敵の行動隊長でもぶっ飛ばすとするぜ!

      Reply
    123. 名無しのソニックブーム

      そして、俺は
      「なん、だ・・・?コイツは・・!?」
      と言って眼前のあるモノに目を見開く

      Reply
    124. 名無しのソニックブーム

      そんで俺が
      「もう…大切な奴が死ぬのは嫌なんだ…」
      と言って血まみれになりながら戦う

      Reply
    125. 名無しのソニックブーム

      それで僕は
      「そうだね、でもだからって君一人に戦わせないよ、僕も君と一緒に戦うから」
      と言って125と共に戦う。

      Reply
    126. 悪のライダーらしき少年

      じゃあ僕は「あいつ等殺ってもいいよね?答えは聞かないけど!」
      っていいながら125と126を背後から撃とうかな!

      Reply
    127. 名無しのソニックブーム

      そこで私が建物のガラスを割って侵入し
      「やらせるかっての!!」
      と言いながら126達に放たれた銃弾を持っていたクナイで弾く。

      Reply
    128. 悪のライダーらしき少年

      で、ここで128に対して「人の楽しみを邪魔しないでよー!」
      って言いながら128の眉間を狙ってもいいんだよね?答えは聞かないけど!

      Reply
    129. 名無しのソニックブーム

      米欄で馴れ合うなよ、気持ちわりい

      Reply
    130. 名無しのソニックブーム

      久々に見に来た

      そして俺が世界の終わりを高台からただただ眺めていた。

      Reply
    131. 名無しのソニックブーム

      そこで俺が「ばかだなー」て言う

      Reply
    132. 名無しのソニックブーム

      そして俺は
      「ほら、立てよ。まだ戦えンだろ?」
      と言って手を差し伸べる。

      Reply
    133. 名無しのソニックブーム

      そして俺はスカイツリーの一番上でカバディを踊りだす

      Reply
    134. 名無しのソニックブーム

      その時敵勢力の分隊長である俺は隊員に向かって「俺達のしていること...やってきたこと...これからしていく事は、人々に悪だと拒絶されるかもしれない...しかし、もうここで引き下がるわけにはいかないんだ!そうだろう?さぁ、武器を取れ!たとえこの身が果てようが、その我等の死をもって、奴らに思い知らせてやろう!この世界を支配し、最後に笑うのは誰なのかということを!」と叫び、仲間と共に要塞を飛び出していく

      Reply
    135. 通りすがりの魔剣士

      俺は135達の出撃を遠くから見届けた後、
      「誰が“正義”で誰が“悪”かなんて一人一人の考え方次第だ。自分達を“悪”だと思っているあいつ等こそが“正義”だと言うやつ等だっている……
       ……お前等は誰を“正義”とし、誰を“悪”とする……?」
      とお前等に語りかける。

      Reply
    136. 名無しのソニックブーム

      そして俺が1年以上続く※欄を見て「やれやれ。これくらいならあいつらに任せて大丈夫と
      思ってたらこのざまだ…。」とつぶやく。

      Reply
    137. 名無しのソニックブーム

      そして、俺は巨大ダンプで敵を蹴散らす。そしてつぶやく 「さすらいのトラック乗りなんでね!」そういいながら
      名刺をだし「いいよな!仲間にはいってもな?」と丁寧に挨拶(第一印象は大事だな。」

      Reply
    138. 仮面ライダーらしき少年

      では僕は「復活して早々に暴れ回るなんて、穏やかじゃないですね…!」
      って言いながら街を襲撃している復活した闇の勢力を迎え撃ちに行けばいいんですか?

      Reply
    139. 名無しのソニックブーム

      そして俺が138の巨大ダンプに向かって
      「ちっ、弾薬代馬鹿にならねーんだぞ」って言いながら両手のガトリング砲を連射する

      Reply
    140. 名無しのソニックブーム

      おれはそんなお前らを見ながら「お前らには教えられたよ…..諦めない心をな!!」といいながら日本刀を紅月に光らせる

      Reply
    141. 名無しのソニックブーム

      そして俺は自分の敵である135の勢力達をボーッと眺めながら、自分の存在に気付いていない136に
      「何が正義で何が悪かなんて誰にも分からねぇモンさ。自分で悪だ正義だと叫んでもその境目は結局曖昧なんだ。人は自分が”悪”なのか”正義”なのか、それを知りたいが為に争うんだ。繰り返し、何度も何度も、な。俺達だってそうだろ?なぁ、相棒」
      と、かつての戦友として呼び掛ける

      Reply
    142. 通りすがりの仮面ライダーっぽいやつ

      私はバイクで敵を蹴散らした後に
      「この街の暗雲を晴らすのは私の役目だ。故に負けはしない……!」とでも言えばいいかな?

      Reply
    143. 名無しのソニックブーム

      俺は丘の上に立ち「全て計画どおりだ」とつぶやく

      Reply
    144. 名無しのソニックブーム

      俺は「やだなあ…怖いなあ…[アレ]出すのって疲れるしめんどくさいんだけどなあ…」って言いながら【退け解き放つ者(バインド・バウンダー)】を背後に召喚するわ

      Reply
    145. 名無しのソニックブーム

      俺は隊員である仲間に「平和は俺達の手でつくる…..アイツだってそれを望んでいるはずだ」
      といって敵の要塞に入る

      Reply
    146. 名無しのソニックブーム

      俺はそんな146をモニターで確認して
      「さて、久しぶりのお客さんだね。」
      と呟き、ボスに報告する。

      Reply
    147. 名無しのソニックブーム

      そして135が出撃しもぬけの空となった要塞の中で私は147の報告を聞き
      「フッ…そうか、遂に来たか。ククク…「あの時」以来だな…貴様らの思う平和とやらは果たして本当に人々の理想郷などになりえるのかな?…さぁ、貴様もかつての友と同じ運命を辿るが良い……」
      と独り言のように言い、不気味な高笑いを響かせる。

      Reply
    148. 戦闘員・コードX

      で、俺は148の後ろから現れ「ここが俺の死に場所か……」
      と呟いてガンソードでも構えればいいのか?

      Reply
    149. 名無しのソニックブーム

      138:ダンプで敵の要塞に風穴を開けて敵の十数名をたおす

      Reply
    150. 名無しのソニックブーム

      150 おれはそこから能力でアルバトリオンに変化して敵のボスまで向かい
      「お前らに背中は預ける」という

      Reply
    151. 名無しのソニックブーム

      138:150侵入したときにダンプの中にいれてあった白兵戦用ぶきで要塞内部に突入する

      Reply
    152. 名無しのソニックブーム

      おれはその時神機使いの適合試験を合格してチームメンバーに会いに行く

      Reply
    153. 青い神機使い

      俺は集合場所にやってきた153に対して
      「歓迎しよう……盛大にな!」と言いながら仲間達と共にライフル型クラッカーを鳴らすとしよう。

      Reply
    154. 名無しのソニックブーム

      じゃあその時僕は「あ~あ、これから寝ようかと思ってたのに・・・」
      とつぶやいて指定された場所に向かう。

      Reply
    155. 名無しのソニックブーム

      そんな時、俺は「約束の場所」で
      「…また、始まってしまったよ…。でも、僕も行かなくちゃいけない。君の為にも、死んでいった彼らの為にも。…見ててくれ、きっと仇をとってやるから。…じゃあ、行ってくる」
      と、千年樹に向かって囁き、地面に刺さった剣を引きぬいてその場所を後にする

      Reply
    156. 天の道を往く男

      その時、俺は迫り来る敵の大群に向かって
      「お婆ちゃんは言っていた。「道は己の手で拓くものだ」と……!」
      と言い、重い鎧を脱ぎ捨てて突貫するだろうな。

      Reply
    157. 名無しのソニックブーム

      俺は味方勢力に「お前ら出来たぞ!!受け取れ!!」と叫び全員専用の武器を転送する

      Reply
    158. 名無しのソニックブーム

      では俺は「それ以上させるか!」の一喝とともに158の操作する転送装置に切りかかるとしよう。

      Reply
    159. 名無しのソニックブーム

      なんで米欄でもやってんだよ

      「いよいよ奴らが出てくるか……!?」と俺はトイレで力む。

      Reply
    160. モンスターマシンライダー

      次って俺の番!?えっと・・・じゃあ、荒野の真ん中をバイクで走りながら
      「俺達の望む未来・・・誰にも邪魔はさせない!!」って言えばいいのか?

      Reply
    161. 名無しのソニックブーム

      いやお前の番じゃないから

      Reply
    162. 名無しのソニックブーム

      じゃあ俺は、そんな言葉を発する162の肩を押さえ、
      「野暮だぜ、ここは奴に任せよう・・・」と言いながら街を見下ろす丘陵へ独り向かう。

      Reply
    163. 仮面ライダーと呼ばれていた男

      俺は麩を蹴破って敵の宴会場に乱入して
      「今…誰か俺を笑ったか…?」と言う

      Reply
    164. 名無しのソニックブーム

      そのころ俺は2chで「大変だ! おまえら今すぐ空を見てみろ! いったい何が起こってるんだよ!?」と書き込む。

      Reply
    165. 名無しのソニックブーム

      そして俺は
      「まぶたが落ちる………」と呟いて
      眠りについた

      Reply
    166. 名無しのソニックブーム

      なら俺は「こんな世界なら俺がぶっ潰す!」
      といって俺はギルドを立ち上げるとするか

      Reply
    167. 名無しのソニックブーム

      ——————–はじめに——————

      Reply
    168. 名無しのソニックブーム

      そして俺は                                     「これで終わりだ・・・」と呟く

      Reply
    169. 名無しのソニックブーム

      さてここで死にたいのは誰だ?と敵に言う

      Reply
    170. 名無しのソニックブーム

      そんで、私が走り出した幼馴染達に向かって

      「ったく、アイツら。でしゃばりやがって…。お前ら!先に集合場所に行ってろ!!私はアイツらを追いかける!!」

      って第一部隊の部下に走りながら指示を出す

      Reply
    171. 仮面ライダーであろう男

      そこに通りすがった俺は171が走っていくのを見て
      「俺にも……あいつ等には返しきれない恩があるからな……」
      と言いながらバイクで171達を追いかける

      Reply
    172. 名無しのソニックブーム

      「もう、戦うしかないんだね」と悲しそうに笑い、
      武器を持って走り出す

      Reply
    173. 名無しのソニック速報

      そのとき俺はまるで
      ピクニックだな…
      と言う

      Reply
    174. とある平凡な会社員

      その時僕はビルの窓から満月を眺めながら
      「彼等は今、どうしているのかな…?」と呟く

      Reply
    175. 名無しのソニック速報

      そして自分は
      「僕は僕にできることをするのみだ!」と
      不敵に笑い剣を抜く

      Reply
    176. 【目を探す】男

      一人の少女を襲う悪の軍団を偶然探り当てた俺は
      「ヒーローなんてのは柄じゃねぇんだがな……!」
      と言い、ゴミ捨て場にあったベルトを持って少女を助けに行く。

      Reply
    177. 名無しの幽霊分隊

      そして俺は隣の仲間に
      「…時間だ、サプレッシャーを付けろ。」
      と指示する

      Reply
    178. 名無し

      177の存在に気付かずのんきに
      「にしても次の【焦土作戦】、あれ、
      本当にやんないとダメなのか?
      俺たち歩兵があんな街すぐに制圧出来るのに」
      と言っているのが俺

      Reply
    179. 終焉を与える者の従者

      その頃私は
      「全てが終わる…時間が無い…
      行って…世界を救って…
      ボクは……その為の…犠牲…」
      と言って得意で無い物理戦を追ってきた敵の大群に
      挑としますか

      Reply
    180. 仮面ライダーのような男

      そこで俺は200を止めながら
      「お前はここで死ぬべきじゃない。ここは…俺が死ぬべき場所だ…!!」
      と言って敵の大群に最終フォームで突っ込んでいく。

      Reply
    181. とある少女の執事

      180が突撃するのを見て私はお嬢様に
      「お嬢様、ここは危険です!どうかお逃げに
      なられてください!お嬢様が安全な場所に到着
      するまでの間、この私めが耐え抜いてみせます!」
      とお嬢様に言わせていただきましょう…

      Reply
    182. 名無しのソニック速報

      何が始まるんです?

      Reply
    183. アラガミを統べる者

      それを聞いた俺が
      「何が始まるか?そんなもんわかりきってるだろ?
      この世の終焉さ」
      といいながらグングニルを肩に乗せる

      Reply
    184. 名無しのソニック速報

      こういうことだけは頭が回るお前ら

      Reply
    185. アラガミを統べる者

      別にいいだろう
      想像力豊かだという事だと思って
      許してはくれないか?

      Reply
    186. 第0部隊

      その頃俺は

      Reply
    187. 第0部隊

      その頃俺は敵軍に押されつつあるお前らをみて
      ため息をして、部隊に装備を整えさせ、
      「こちら第0部隊、現場に到着した。
      これより我々は戦闘中の部隊と合流し、
      戦闘に参加する。蹴散らすぞ。」
      と無線を流してオスプレイから戦場へ降下する。

      Reply
    188. とある世界の人間

      それで私が、
      「はぁ…こんな事で外の世界に行くことになるなんて…まぁ…ちょっとした暇潰しになるかしらね。
      みんな。行くわよ!!」
      って言って幻想郷の結界を開けて自機組(霊夢 魔理沙 咲夜 妖夢)&紫と1歩進む。

      Reply
    189. 督戦隊員A

      後方では俺が、
      「なんでこんなとこに配属されたかなぁ…」
      と、味方の背中に銃を向ける。

      Reply
    190. 名無しの傭兵団

      じゃあ俺は≫195に銃口を向けて
      「俺も傭兵の端くれでな…金さえ貰えればどんな悪党でも尻尾振って指示に従わなきゃなんねぇんだ」
      と言って引き金に力を入れるぜ。

      Reply
    191. 名無しのソニック速報

      その頃俺は空を見上げながら
      「・・・久々に本気出すかねぇ・・・」
      って言いながら大きくあくびをする。

      Reply
    192. 名無しのソニック速報

      そして私は迫り来る敵の大群に対して
      「バカばっかりね…貴方達はもう…私の
      仕掛けたトラップの上にいるのよ‼︎」
      と叫び、隠してあった巨大魔法陣を発動させ、
      敵の大群を消し飛ばしますね(*^^*)

      Reply
    193. 名無しのソニック速報

      そこで俺が
      「んなばかな!このわたくしがぁぁぁっっ!!」
      って言いながら消滅する

      Reply
    194. 名無しのソニック速報

      そこで俺が
      「んなばかな!このわたくしがぁぁぁっっ!ふざけるなぁ!!人間無勢がぁぁっ!」
      って言いながら消滅する

      Reply
    195. 名無しのソニック速報

      消滅していく≫194を横目に俺は
      「ハッ‼︎気付いていないとでも思ったか⁈
      大人しく死に晒せぇええええ‼︎‼︎‼︎」
      と叫びながら≫192に突撃しますね(^^)

      Reply
    196. 名無しのソニック速報

      そして学校サボって屋上で寝てた俺が 「おいおい早すぎだろ、まっこんだけいるし切りがいありそうじゃん」 と言いながら禁忌の剣を見る

      Reply
    197. 名無しのソニック速報

      そして学校サボって屋上で寝てた俺が「クク」と怪しく笑ながら自殺する

      Reply
    198. 名無しのソニック速報

      そして学校サボって屋上で寝てた俺が「みんなに任せよ」といい寝る

      Reply
    199. 名無しのソニック速報

      そしたら私は>>200に
      「私は貴方を殺します。」
      と言ってスカートからナイフを取り出し
      馬乗りになりますね

      Reply
    200. 名無しのソニック速報

      嘘だろwwwこれ、米だけで三年以上続いてんぞwww
      そして俺はパソコンを見ながら「そうか…そういうことだったのか!」と呟く

      Reply
    201. 名無しのソニック速報

      そしたらワイは
      「残念、それは残像だ」と>>199の後方から言葉を放ち、魔力を解放する

      Reply
    202. 名無しのソニック速報

      じゃあ俺は>>203に向かって
      「とっておきだ!!喰らえ工エェ工エェ!!!!」
      と叫び、列車砲をぶちかましますねw

      Reply
    203. 名無しのソニック速報

      そんでわちきが、
      「あっれぇ?どうやら敵艦が現れたみたいだよぉ?しれぇかん、今回の任務はわちきがやるねぇ?」
      っていって装甲を付けて海へ出る

      Reply
    204. 白髪の本読み少女

      んで、僕が…
      「何してんだ…お前は本当に馬鹿だな…」
      って言って41の後頭部を本で叩く

      Reply
    205. 名無しのソニック速報

      現実「ちなみに相手は俺だ」

      Reply
    206. 名無しのソニック速報

      現実「働け馬鹿共」
      俺「働きたくないで御座候」

      Reply
    207. 名無しのソニック速報

      そしたら俺が
      「そんな…
       この世界はもう蝕まれ始めているのか…!?」
      って地面に膝をつく

      Reply
    208. 名無しのソニック速報

      そしたらワシが神器(ハリセン)を手に取り
      「オトンが伝道してくれた必殺技や!!」
      って言って極寒の聖書(オヤジギャグブック)を開く

      Reply
    209. 名無しのソニック速報

      そのころ忘れ去られたある島で俺は
      「遂にこの時が来た・・・ようやく解放される・・・!」
      といって歓喜している

      Reply
    210. 名無しのソニック速報

      そんでオレが
      「さぁ、今こそ第3帝国復活の時だ!!」
      といって一個大隊のSSを率いて進軍する

      Reply
    211. 名無しのソニック速報

      その頃中庭で珈琲牛乳を飲んでいた私が「もうちょっと遊びたかったんだけどなあ…」って言いながらメリケンサックを装着しますね

      Reply
    212. 名無しのソニック速報

      その時正座をして妖刀・村正を少しだけ抜いて瞑想してから「時間ですね」と呟いて徐ろに立ち上がり目の前の巻藁を居合斬りしてから道場を後にする

      Reply
    213. 名無しのソニック速報

      そして俺は、息子に「父さんは行かなくちゃいけないんだ…母さんと約束したのに…本当にすまない」と告げ、泣きじゃくる息子の未来のために全てを捨て去り空へ飛び立つ

      Reply

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン