俺「やられたらやりかえす!!まんぐり返しだ!」


hanzawa-naoki
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:30:52.756 ID:bILNo5yM0.net
常務「いやー俺君、いつもながら素晴らしい手腕だね。こんな大口融資をまとめるなんて」

俺「いえ、常務のご指導の賜物です」

常務「さて、この功績を称えて本日君に新しい辞令を言い渡す。一時間後に私のオフィスにきたまえ」

俺「は…ありがとうございます!!」

ザワザワ次期部長は俺さんなんじゃないの?ザワザワ
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:33:29.037 ID:bILNo5yM0.net
…一時間後

俺「常務、失礼いたします!」ガチャ

常務「よくきたね俺君」

俺「…!?…じょ常務…な、なぜ…ボンテージを着てらっしゃるのでしょうか!?」

常務「キサマァァ!なにを浮足立っているのかね!!どんな恰好をしようと私はぁ常務だよ!?」

俺「はっ!失礼いたしました!!」

引用元

  • 3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:38:10.308 ID:bILNo5yM0.net
    常務「よし!では、辞令を言い渡す。本日付で君に営業第二部、常務専用の性奴隷の職を言い渡す」

    俺「はっ!…?……性…奴隷?」

    常務「了承してくれるね?栄転だよ!おめでとう!」

    俺「え栄転?せ、性奴隷がですか?」

    常務「私はねえぇ、かねてから君の可愛らしいヒップにぃ融資したいと思っていたんだよぉ」

    俺「…おっしゃっている意味が分かりかねますが…」
    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:42:25.240 ID:bILNo5yM0.net
    常務「私が君のメインバンクになってあげようと言っているんじゃないか?ん?ん?」

    俺「……常務、頭は大丈夫ですか?失礼いたします!」

    常務「待ちたまえ。手荒な真似はしたくなかったんだがね。オイ、彼を拘束しなさい」

    俺「なっはなせ!くっおい!君たち!」

    常務「よし、では四つん這いにさせ、その可愛らしいヒップを私に向けさせなさい」

    俺「やめろ!はなさないか!」
    5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:44:04.815 ID:bILNo5yM0.net
    常務「ふふふ、エリートの君が無様な恰好だねえ。…では下着を下ろしなさい」

    俺「ややめろぉーーーー!!!」ズルアナルゥ

    常務「ほほぅ、これはこれは随分堅牢な金庫じゃないか…」

    俺「くっ!」

    常務「ふふふ、後程、私の特製の執務室でじっくり指導してやろう。連れていけ」
    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:47:25.669 ID:bILNo5yM0.net
    俺「待て!」

    常務「なにかね?」

    俺「貴様のショボいバンクで本当に俺のこの金庫をぶち破れると思っているのか?」ア◯ルヒクヒク

    常務「なんだと?私のは世界三位のメガバンクだぞ!」

    俺「どうせ三流の地方銀行だろ?やれるもんならやってみなよ!」ア◯ルヒクヒクヒクヒクヒクヒク

    常務「ゴクリそんなにヒクヒクさせおって」
    7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:50:30.184 ID:bILNo5yM0.net
    俺「どうした?どうせタチも悪いのだろうが!!」ア◯ルヒクヒク

    常務「そこまでいうのなら、私も黙ってられんな。それでは私のメガバンクでご融資してあげようか」ボロン

    俺「ななな」

    常務「それいくぞ、ほらちょっとづつ君の金庫が破られていくよ…」ヌププ

    俺「アッッーーーー!!ぐぐぐ」

    常務「これはこれは凄い頑丈な警備だなぁ」ズプ

    俺「あぁぁ」
    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:53:40.588 ID:bILNo5yM0.net
    常務「いくぞぉぉ」

    俺「おおお」

    常務「決算!決算!決算!」パンパン

    俺「義っ義っ義っ」

    常務「粉飾!粉飾!粉飾!」パンパン

    俺「」

    常務「どうしたね?もう根をあげたのかね?先程の威勢はどうしたのだ?ハハハハ!」
    9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:54:51.642 ID:XEG0IZLaa.net
    もうがまんならんw w w w w
    チングリ返しやろw w w w w
    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:57:14.669 ID:bILNo5yM0.net
    部下「し、失礼します!じょ、常務!大変です!」ガチャ

    常務「なんだ?」

    部下「と、頭取がこの部屋に向かっているようです!」

    常務「なんだと!頭取は大阪に出張中のはずだろ!?」

    部下「わかりません。どうやら予定をキャンセルしていたらしく…」

    常務「まずい!はやく隠さねば!身の破滅だ!」

    俺「」
    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 02:59:17.517 ID:bILNo5yM0.net
    常務「ぬ?ぬぬぬ?抜けん!私のメガバンクが抜けん!」

    俺「ふふふ」

    常務「な!きさま」

    俺「もうこの口座はロックした。俺が緩めなければ抜けることはない」

    常務「ぐ、はなせ!はなせぃ!はなせーー!!」
    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:00:56.244 ID:XEG0IZLaa.net
    くだらねーwwwwwwww
    14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:02:25.838 ID:bILNo5yM0.net
    バタン!!

    常務「と、頭取!」

    頭取「……」

    常務「……」

    頭取「信じられん…まさか君が立場を利用してこんな変態な人事をしていたとはね…」

    常務「頭取、こ、これは違うんです」

    頭取「ボンテージで部下のア●ルに挿入してなにが違うだぁぁ!!」

    常務「くっ」ガク
    15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:05:13.159 ID:bILNo5yM0.net
    頭取「君たち、俺君を離したまえ…俺君、大丈夫かね?」

    俺「ええ頭取。多少の不良債権ができましたが…」

    常務「と頭取、な、なぜここに?」

    頭取「俺君から重要な案件があるから早急にきてほしいと連絡を受けていてね」

    常務「きさまァ!俺ぇ!あんなにア●ルをヒクつかせてぇ!!わ、わざと私を誘ったのだなぁ!」

    頭取「黙りなさい!これ以上まだ恥を上塗りするつもりかね!!君はもう終わりなのだよ!!」

    常務「ぐぐぐ」ガク
    16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:08:11.677 ID:bILNo5yM0.net
    頭取「君たち、常務を連れて行きなさい、常務にはしかるべき処分をうけてもらうよ…」

    俺「待ってください!!」

    頭取「なんだね俺君」

    俺「この場で詫びてもらわなければ気がすみません」

    頭取「そうだったな…常務、俺君に土下座して詫びなさい」

    常務「っく、くっち、も、もうしわけぇも、もももうしわけございませんでしたぁ」ドゲザ
    17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:11:13.299 ID:bILNo5yM0.net
    俺「なんだそれはぁぁ!!」

    頭取「お、俺君?」

    俺「私は彼にア●ル処●を奪われましたぁ!相応の詫び方してもらわなければぁ!」

    常務「っぐぐぐ」

    俺「…やられたらやりかえす!!まんぐりがえしだ!!!」

    頭取「お、俺君落ち着きたまえ…」
    18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:14:23.822 ID:bILNo5yM0.net
    俺「まんぐりがえしだ…まんぐりがえしの姿勢になれ…」

    常務「そ、そんなははず恥ずかし姿勢はできない…」

    俺「さっさとやらないかぁぁぁ!!」

    常務「ひっひぃわかったわかったからぁ…ぐ…ぐぐぐぐぐぐぐぐぅ」マングリ

    俺「随分とウスぎたねぇ金庫だなぁ」

    常務「うううううう」
    19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:17:23.633 ID:bILNo5yM0.net
    頭取「俺君もうよかろう、その辺にしときたまえ」

    俺「いえまだです…やられたらやりかえす…倍返しだ!!」ボロンギンギン

    常務「ななっ俺、なにをするつもりだ…まさか…」

    俺「今から世界最高水準のネジをあなたにぶちこんであげましょう」ギンギン

    常務「俺、やめるんだ、わたしはタチ専門なんだ、ア●ルは処●なんだゆゆるしてくれぃ、貴様はノンケだろう」

    俺「覚えていまい!私の父のネジ工場を潰したのは貴様だぁ!そら!そのセガレのネジをたっぷりと味わえぇぇ!」ズプ

    常務「ひひぃぃぃい」
    20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:20:29.695 ID:bILNo5yM0.net
    俺「融資!融資!融資!」パンパンパン

    常務「ぐっぐぅぐ」

    俺「一億!十億!百億!」パンパンパン

    常務「」

    俺「オラァ!この不渡りで不良債権孕めやぁぁぁ!」ドピュ!

    常務「ひヒギィ」

    俺「おおっと…ネジにクソ上司のクソがついたわ…」
    21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:21:18.939 ID:XEG0IZLaa.net
    ワロタww w
    寝れん w w はよ終わらせてw w w
    22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:23:42.510 ID:bILNo5yM0.net
    一か月後…

    ザワザワ今度こそ俺さんが部長よねザワザワ

    俺「頭取、失礼いたします」ガチャ

    頭取「俺君、君のおかげで我行はより健全になれたよ」

    俺「いえ、正義を実行したまでです」

    頭取「そうか。では、辞令を言い渡す」

    俺「はっ!」

    頭取「本日付で君に営業第二部、頭取専用の性奴隷の職を言い渡す。」

    俺「は」




    糸冬 
    24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:35:00.198 ID:dqOF4diEM.net
    乙!オモロカッタ!
    25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:37:46.916 ID:NcvIaiAY0.net
    もはや天才に近いな乙
    26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 03:38:19.480 ID:gnkvHVNqa.net

    天才だわ

    幼馴染(5)「大人になったらあたちとけっこんしようねー」

    刑務官A「おい…あいつ何かブツブツ言ってるぞ…ちょっと盗み聞きしてみようぜ」

    寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。
  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    ソニック速報の最新記事をお届けします

    オススメサイト新着記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン