大山のぶ代「ドラえもん…?」


480x360x704b27084030f0e97ce3ce3e1736744931
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:58:47.376 ID:5Ji7+tN40.net


のび太「ただいまー!」

ママ「のびちゃん!ドラえもん見なかった?」

のび太「えー知らないよー?」

ママ「変ね…おつかいを頼んだんだけど帰ってこないのよ、ちょっと探してきてくれない?」

のび太「ええーー!」

のび太「ちぇっ、帰ってきてゲームやろうと思ってたのに」

のび太「どこいっちゃったんだよドラえもん」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:00:13.734 ID:5Ji7+tN40.net

商店街

のび太「!!ドラえもん!どこいってたんだよ!探したんだぞ」

ドラえもん「のび太くん、助かったよ、ちょっと迷っただけさ」

のび太「迷ったってドラえもん冗談いうなよ!いっつも通ってる近所じゃないか!」

ドラえもん「久しぶりにきたから迷っただけだよ、帰ろうのび太くん」




しずか「あら、のび太さんにどらちゃん、こんにちは」

のび太「しずかちゃん!」

ドラえもん「あ、はじめまして」ペコ

しずか「プッ…どらちゃんったらやめてよ何かの冗談?」

のび太「ちょ、ちょっとドラえもん!しずかちゃんに失礼だよ」

ドラえもん「のび太くんがいつもお世話になってます」ペコ

しずか「やだどらちゃんったらどうしちゃったのウフフ」

のび太「い、いい加減にしてよドラえもん!あっ…しずかちゃんごめん!またあとで!」タッタッタ

しずか「え、ええ…のび太さんたちったら変なの…」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:01:29.033 ID:5Ji7+tN40.net



のび太「どうしたんだよドラえもん!しずかちゃんにあんなこと言うなんて」

ドラえもん「あんなこと?」

のび太「もういいよ…どら焼き食べよう、ほら」

ドラえもん「…のび太くん、これなに」

のび太「もう!冗談はいいってば!」

ドラえもん「(モグモグ)」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:02:52.976 ID:5Ji7+tN40.net

次の日

のび太「ただいまー!」

ママ「あらっどらちゃんは?一緒じゃないの?」

のび太「しらないよー?」ダッダッダ

ママ「こらまちなさい!どらちゃん探してきてちょうだい!それまでおやつは抜きですからね!」

のび太「ええーっ!!めんどくさいー!」

ママ「のびちゃんの忘れ物届けるために出掛けたんだから感謝しなさい!」

のび太「ええ?学校にきてないよ?」

ママ「おかしいわね…たしかにお昼頃出掛けたはずなんだけど…何はともあれ探してきてちょうだい!それまでおやつはなしですからね!」

のび太「はぁーい…」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:04:58.874 ID:cZipYWjB0.net

俺のドラえもんは大山さんだけ
(´;ω;`)


  • 5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:03:57.756 ID:5Ji7+tN40.net


    のび太「はぁ…なんでぼくが探してこなきゃなんないんだよー」

    のび太「ドラえもんのことだからどうせどら焼き屋さんにいるに違いない」

    どら焼き屋

    店主「見てないわねぇ」


    のび太「どこいったんだよドラえもん!」

    のび太「さてはみーちゃんのとこだな!」

    ……

    のび太「本当にどこいったんだよドラえもん…」

    のび太「暗くなってきたしもう家に帰ってるだろ…」


    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:04:12.351 ID:VZVo6g4X0.net

    開いたらSSだったwww

    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:05:42.185 ID:5Ji7+tN40.net

    のび太「ただいまー!」

    ママ「おかえり、あらどらちゃんは?」

    のび太「ええ!まだ帰ってきてないの!?」

    ママ「暗くなってきたし何かあったんじゃ…心配ねぇ…」

    のび太「もう一回探してくるっ!!」

    ママ「あっのびちゃん待ちなさい!」


    9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:07:12.377 ID:5Ji7+tN40.net

    のび太「ハァハァ…(どこ行ったんだよドラえもん…)」

    ジャイアン「おーのび太じゃねーか!どうしたんだよそんな慌てて」

    のび太「ジャイアン!ドラえもん見なかった!?帰ってこないんだ!!」

    ジャイアン「い、いや見てねーけどよ…俺も手伝うぜ!」

    のび太「お願い!!!」


    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:07:22.335 ID:usXNYVUDr.net

    おいやめろ

    やめてくれ・・・


    11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:09:03.021 ID:5Ji7+tN40.net

    一時間後

    ジャイアン「おいのび太!見つかったか!?」

    のび太「ハァ…ハァ…いや、どこにもいないんだ…」

    ジャイアン「近所の人にも聞きまくったがだめだったぜ…まだあっちの方は見てねーんだろ!いくぞ!」

    のび太「うん!」

    おまわりさん「おーい!そこのきみたちー」

    のび太「おまわりさん!ドラえもん見ませんでしたか!?」

    おまわりさん「それが…」


    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:10:39.615 ID:GiX8JJ3z0.net

    なんでドラえもんでお巡りさんに通じるんだよwww

    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:16:04.142 ID:BqIlJ1ch0.net

    近所でも評判さァァァァー!!

    14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:17:49.170 ID:5Ji7+tN40.net

    交番

    のび太「ドラえもん!!!!!どこいってたんだよ!探したんだぞ!!!!」

    ドラえもん「…のび太くんが心配してる、帰らなくちゃ」

    のび太「なにいってんだよドラえもん!ぼくだよ!のび太だよ!!」

    おまわりさん「さっきからずっとこの調子でね…近所の河川敷で座り込んでいるのを近所のひとが通報してくれたんだ」

    のび太「ごめんなさい…ドラえもん!みんな探してたんだぞ!!」

    ドラえもん「のび太くんがむかえに、おうちにかえらなくちゃ」

    おまわりさん「のび太くんのび太くんってずっと言うだけでね、ここから動かないから困ってね…」

    のび太「本当にすみませんでした…ほら、ドラえもん帰ろう…」

    ドラえもん「のび太くんが心配してるのび太くん


    15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:19:40.581 ID:5Ji7+tN40.net



    ドラえもん「いやだーおうちにかえらなくちゃいやだー」

    のび太「どうしちゃったんだよドラえもん…」

    パパ「ドラえもんも疲れてるんだ、今日はそっとしといてやろう」

    ママ「そうね…」


    16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:31:38.493 ID:5Ji7+tN40.net

    次の日

    ドラミ「ヤッホーのび太さん!お兄ちゃん!のび太さんから珍しく連絡きたから何事かと思って予定より急いできちゃった」

    のび太「ドラミちゃん!ドラえもんが変なんだよ!!」

    ――――――――…

    ドラミ「事情はわかったわ…今から病院に連れていく…」

    のび太「ドラミちゃん!ドラえもんはちょっと疲れてるだけだよね!?治るよね!?」

    ドラミ「…まだなにもいえないけど、私も出来る限りのことはやるわ…とにかく今は検査結果が出るまで待ってて…」

    ドラミ「精密検査だから3日くらいかかるかもしれないけど、必ずなんとかしてみせるから…」


    17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:32:00.395 ID:COHSZwVc0.net

    昨日の徹子の部屋観て悲しくなったよ

    18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 06:46:22.320 ID:5Ji7+tN40.net

    三日後

    ドラミ「のび太さん!おまたせ!」

    のび太「ドラえもんは!?!?」

    ドラミ「…」

    ドラえもん「のび太くんのび太くんのびt(ry」

    ドラミ「いい?のび太さん…少し長くなるけど、真剣に聞いて…」

    ドラえもん「のび太ぐんーーーーーああああ」

    のび太「うわああああああああああああああああああああ」


    19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:03:52.473 ID:5Ji7+tN40.net

    ドラミ「検査の結果、記憶をつかさどる回路に異常があったわ…だから今、記憶障害を起こしている状態なの」

    のび太「それで!それで治るの!?」

    ドラミ「ええ…」

    のび太「…よかったぁ…なんだ心配かけてまったくドラえもんは…」

    ドラミ「治るには治るわ、でも」

    のび太「…でも?」

    ドラミ「今までののび太さんたちとの記憶が消えるの…」


    20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:06:02.928 ID:5Ji7+tN40.net

    ネムクナッテキタ

    21: まんこまんこ\(^o^)/ 2015/06/13(土) 07:07:58.464 ID:w9F1f+J/0.net

    >>20
    がんばれ


    22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:11:49.143 ID:5Ji7+tN40.net

    >>21
    ありがとうがんばる



    のび太「え…消えるって…」

    ドラミ「記憶をつかさどる回路はすごく繊細なの…治すためには、この新しいチップと交換するしかないわ…」

    のび太「そんなの…そんなの嘘だああ」

    ドラミ「ごめんなさい…私も出来る限りのことはやりたかったんだけど…方法がこれしかなくて…」

    のび太「そんなぁ…ドラえもんが…ドラえもんが…今までの記憶がなくなるって…そんなぁ…」

    のび太「そ、そうだ、道具があるじゃないか!ほら!タイム風呂敷とかさ、うまくつかえばさ!治るじゃないか!なんだ!治るじゃないか!」


    24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:14:44.116 ID:5Ji7+tN40.net

    ドラミ「それが…お兄ちゃんの四次元ポケットは未来で強制回収されちゃったの…」

    のび太「え!どうして!?」

    ドラミ「記憶障害とかの故障にかかると、道具を危険なことに使ってしまう可能性もあるから…」

    のび太「ドラえもんはそんなことしないよ!」

    ドラミ「それに、道具はほとんどがレンタルだから、安全を確保する保証はできないの…ごめんなさいのび太さん…私も法律で関与することもできなくて…」

    のび太「…」


    23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:14:14.944 ID:sQolwKnV0.net

    見てるぞ

    25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:19:31.106 ID:5Ji7+tN40.net

    >>23
    ありがとう


    ドラミ「もうひとつ、のび太さんには酷な話だけど…」

    ドラミ「もし、もしもだけどね、のび太さんがお兄ちゃんのことを忘れたいのなら…このスイッチを押して」

    ドラミ「これは、この世界からお兄ちゃんの存在を消すボタンなの、いわば未来では安楽死的扱いのもの…」

    ドラミ「お兄ちゃんはこのままだと、のび太さんや自分のことさえ全部忘れて廃人同然になってしまうわ…そう遠くない未来にね…」

    ドラミ「お兄ちゃんのことや、もちろん私のことも、のび太さんの記憶や他のみんなの記憶から消えるわ」

    ドラミ「最初からいなかったみたいにね」


    26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:22:22.981 ID:fTNBulFw0.net

    記憶のバックアップくらいしとけよ

    27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:22:45.004 ID:5Ji7+tN40.net

    のび太「…」

    ドラミ「一応、このスイッチものび太さんが持っておいて…」

    のび太「…ドラえもんを…ドラえもんをそんな簡単に忘れられるわけないじゃないか!!!こんなものっ!!!」パシッ

    ドラミ「…辛いのはあたしもよ…そしてお兄ちゃんもね……どちらを選ぶかはのび太さんの自由よ」

    のび太「…」


    28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:25:55.708 ID:5Ji7+tN40.net

    ドラえもん「のび太くん、学校はどうしたんだい?遅刻するよ?」

    のび太「…」

    ドラえもん「のび太くん、また宿題忘れたのか?」

    キッ

    のび太くん「ドラえもんのばがぁぁぁぁああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!」ダッダッダッ

    ドラミ「あっ!のび太さん!!」

    ドラえもん「なんだのび太くん、またジャイアンにいじめられたのか」


    32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:41:45.665 ID:5Ji7+tN40.net

    ドラミ「とりあえず私もまだ希望を捨てずになんとかできないか病院に片っ端から電話してみるわ!…お兄ちゃん待っててね、きっとなんとかするから」

    ドラえもん「…」

    プルルルル

    ドラミ「もしもし?ロボットの故障について聞きたいんですけど…はい…はい…」

    ドラえもん「…」
    ダッ

    ドラミ「はいそうです…どうにか記憶を消さずに……そうですか…」ガチャ

    ドラミ「お兄ちゃん…きっとなんとかするか…お兄ちゃん……?」

    ドラミ「!?のび太さんが置いてったデータ抹消のスイッチがない!!??!お兄ちゃん!!!!!」


    33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:44:04.624 ID:5Ji7+tN40.net

    ドラえもん「のび太くん、こんなところにいたら風邪ひくよ」

    のび太「なんでついてくるんだよ!!」

    ドラえもん「またジャイアンにいじめられたんだろう?まったくのび太くんは、よしよし」

    のび太「ちがうよ…ちがうんだよドラえもん…」

    ドラえもん「ごめんねのび太くん、のび太くんにもドラミにも心配をかけて、でももう大丈夫」

    のび太「…!?」

    ドラえもん「やれやれ、ただの風邪なのに…」


    34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:47:28.758 ID:5Ji7+tN40.net

    のび太「うっ…ドラえも……ドラえもん……ドラ”え”も”ぉお”おお”おおおんうわああ”ああああ”ああ”あ”あああドラえもお”ぉん”ん”んん”ん」

    ドラえもん「よしよし、のび太くんは昔から本当に泣き虫だなぁ」

    のび太「うっうっ…ひっく…ごめん…ぼくがっぅこんなっ泣き虫じゃなきゃぁ…ドラえもんは…」

    ドラえもん「おとこだろみっともないなぁよしよし」


    35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:54:04.853 ID:5Ji7+tN40.net

    のび太「ぼくがしっかり…っすれば…うっ…ドラえもんに安心してもらえれば…ぅぐっ…っく…治るよねドラえもん…ひッく」

    ドラえもん「ごめんねのび太くん、心配をかけているのはぼくなんだよね、ぼくがみんなに心配をかけているんだね、ごめんねぇ」

    のび太「うぐッ…うっ…」

    ドラえもん「ごめんねのび太くん、みんながぼくのことで悲しんでいる姿はつらいんだ、ごめんね」

    のび太「うっ…うぅぅっ…」

    ドラえもん「みんなの悲しんでいる姿を見るくらいならぼくは――――――」

    ダッダッ

    ドラミ「ハァっ、ハァ…お兄ちゃん!!!!!!!!やめて!!!!!!!!」

    カチッ


    36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:55:54.616 ID:5Ji7+tN40.net

    ――――――――――…

    「のび太くん」



    のび太「うっ、うううん…」

    のび太「あれ…?ぼくなんで裏庭なんかで寝てるんだ…」




    のび太「ただいまー!!!ど………アレ?今誰のこと呼ぼうとしたんだっけ…?」

    ママ「もう夕飯できてるわよー手洗ってらっしゃーい」


    37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:56:15.538 ID:sQolwKnV0.net

    なるほど

    38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:57:25.109 ID:5Ji7+tN40.net

    のび太「…(モグモグ)」

    のび太「ねぇママ…ここの席にあと一人いなかったっけ?」

    ママ「なにいってるの!それより宿題はやったの!?」

    のび太「(まぁ、いいか…)」


    39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:58:43.916 ID:5Ji7+tN40.net

    のび太「ふぁぁ…なんだか今日は疲れたな…寝よう」

    のび太「……」

    のび太「…あれ?ここの襖ってあいてたっけ?」

    のび太「何か大事なことを忘れてるみたいだ…」


    40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:00:29.272 ID:5Ji7+tN40.net

    次の日

    のび太「おはよー!」

    しずか「おはようのび太さん」

    スネ夫「おーのび太!今日発売のゲーム今日しずかちゃんとジャイアンでぼくんちでやるんだ!うらやましいだろう!」

    のび太「いいなー!ぼくもやらしてよー!」

    スネ夫「悪いなのび太、あいにく3人用なんだ」

    のび太「ひっでぇーのー!言いつけてやるぅー!」

    スネ夫「?だれにだよ?」

    のび太「え…あ…誰だろう…」

    ジャイアン「がっはっはっはっついにのび太もおかしくなっちまったかー」

    のび太「(ちぇっ、なんだよみんなして…いいよ家で漫画読むもんねー)」


    41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:03:31.497 ID:5Ji7+tN40.net

    のび太「ただいまー!」

    ママ「のびちゃん今日のおやつはどら焼きよ、手洗ってらっしゃい」

    のび太「どら焼きかー!いただきまーす!」

    モグモグ

    のび太「あれ…?」

    のび太「どら焼きって誰が好きなんだっけ…」

    のび太「ここの引き出しって…」

    スーッ

    のび太「ただの宿題しか入ってないよ、ちぇっ開けて損した」

    のび太「…はぁ…漫画読むのも飽きたなー」

    のび太「裏庭に探検にいこう!」


    42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:07:44.039 ID:5Ji7+tN40.net

    裏庭

    のび太「よっこいしょ…やっぱり裏庭から見る景色は最高だなー」

    キランッ

    のび太「ん?今なにか光った!もしかしてお宝かな!?」

    がさがさ

    のび太「なんだこれ…金属剥き出しのチップ?」

    のび太「なんだか見たことある気がするな…ゲームのやつかな?はぁ…一人じゃつまらないしもう帰ろう」


    43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:14:38.536 ID:5Ji7+tN40.net

    のび太「このチップ珍しい形してるしスネ夫たちにあったら自慢してやるんだいっ」

    のび太「もしかするとお宝かもしれないし!!へへんっ」

    グニャッ

    のび太「あっ」

    ドシャアア

    のび太「うー…いたたたたたた…今日はなんてついてない日なんだよもー!」

    のび太「あ…チップがポケットから…んしょ」



    「のび太くん」




    のび太「え?」


    のび太「なんだろう、すごく懐かしい…ぼくはこの声を知っている…?」


    45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:16:05.183 ID:syKlQBAs0.net

    ドラえもんは概念になったのだ・・・

    46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:17:55.021 ID:5Ji7+tN40.net

    「なんだのび太くん、またジャイアンにいじめられたのか」

    のび太「……あ」


    のび太「ど……ど………ら」


    「よしよし、のび太くんは本当に昔から泣き虫だなぁ」



    「 ド ラ え も ん !!!! 」


    47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:19:53.589 ID:NXbqWIyn0.net

    do-rae-moooooon!!!

    48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:21:50.472 ID:5Ji7+tN40.net

    ぼくは走った。

    チップを握って無我夢中で走った。

    ぼくはドラえもんに会いに行かなくちゃならない。

    1秒でも早く。声が消えてしまうその前に。


    のび太「ただいま!!!!!晩ごはんいらない!!!

    ママ「の、のびちゃん!?!?」


    49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:28:42.537 ID:5Ji7+tN40.net

    部屋に籠ってからぼくは中学を卒業間近までの間ひたすら引きこもり続けた。

    いきなり引きこもったぼくにクラス中のみんながぼくを心配していたが、それどころではなかった。

    一刻も早くやらなければならなかった。

    専門書を読んでは試行錯誤を繰り返した。
    チップを元にして。

    そして、僕は誠心誠意を込めて費やしたそのものにスイッチをいれる。


    50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:29:18.132 ID:5Ji7+tN40.net

    そのロボットはどこかで見たことがある気がした

    ロボット「今日からあなたがご主人様です…初めにぼくになまえをつけてくださいご主人様」

    のび太「ふふっ…のび太でいいよ…そうだなぁ」





    のび太「 ドラえもん っていうのはどう?」



    その言葉を聞いてロボットは不思議そうにのび太を見た後に笑った


    ドラえもん「僕ドラえもんです」



    その顔はいつか見ていた時のままのまん丸の笑顔だった。





    おわり


    53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 08:47:57.701 ID:CF0Kb7kP0.net

    ありきたりだけど悪くはなかったよb

    57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 09:00:56.755 ID:lE39SrYxa.net

    おおやまさん「ぼく誰えもん?」



    おわり


    60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 09:39:23.278 ID:m+C6Ttju0.net

    そうでもなかった

    59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 09:02:16.228 ID:m+C6Ttju0.net

    涙不可避

    引用元: 大山のぶ代「ドラえもん…?」

  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    ソニック速報の最新記事をお届けします

    オススメサイト新着記事

    コメント一覧

    1. 名無しのソニック速報

      パパラパッパパー「正常な脳~」

      Reply
    2. 名無しのソニック速報

      不思議なことに全員が昔の声優で脳内再生されたのにドラミちゃんだけ今の声優だった。

      Reply
    3. 名無しのソニック速報

      今こそ、大山のぶ代物語全56巻を刊行すべき
      おおひなたごうさん、聞いてる?

      Reply
    4. 名無しのソニック速報

      同人の二番煎じすぎる

      Reply
    5. 名無しのソニック速報

      裏庭じゃなくて裏山じゃ

      Reply
    6. 名無しのソニック速報

      未来の法がどうこういうなら、そもそもドラえもんの過去への干渉はどうなってんだよ?

      ってか、ドラミの道具(タイム風呂敷かもしもBOX)で解決だろ

      Reply
    7. 名無しのソニック速報

      幻の最終回とほぼ同じやん

      Reply

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン